このソフトのレビューを書く

【PS4】JUDGE EYES:死神の遺言 レビュー

発売元 ()
発売日 2018-12-13
価格 8953円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 犯罪 セクシャル 暴力 ギャンブル ()
ショップ/リンク
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:リーガルサスペンスアクション
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
79
(難易度)
2.60
レビュー数
10
スコアチャート JUDGE EYES:死神の遺言レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
30%
80-89
20%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
7.68


2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 5pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
96pt

GOOD!

■キムタクがキムタクしてる
細かな動作や癖もキムタク!って感じで、オリジナルキャラではなくキムタクがそこにいるように楽しめる

■メインストーリーがフルボイス
たったそれだけの事だけど、音声があると臨場感が増します

■素晴らしいシナリオ
ドラマや映画だとチープな内容になってしまった可能性が高いが、ゲームという世界においては素晴らしい内容だと思う
「こんなこと無いだろ」ってのが「ゲームなので許せる」

■サブクエ含め、豊富な遊び要素
サブクエも50種類?
ミニゲームに至っては数えきれない(バーチャファイターやぷよぷよまで遊べる)
まさに「ゲームアーカーブ」状態
クリア後も、それだけでしばらく遊べそう

BAD/REQUEST

■街中で絡まれる頻度が高い
ストーリー中にヤクザと抗争しているタイミングでこちらが見つかってしまい戦闘になるのは理解できるが、
街中のチンピラの出現頻度が高く、戦っても得られる経験値等が少ないため中盤からは無視していた
出現頻度を減らせるサブイベントでもあれば良かったと思う

■経験値で売買するアイテムが高価すぎる
経験値を稼ぐ方法が少なく、能力値(スキル)を上げる他に特殊アイテム購入にも使えるが必要な経験値が高いため買うまで苦労する

COMMENT

ラスボス戦の盛り上がりがイマイチだったかな?というのがある以外、すべての面において素晴らしい作品だと思いました

最初から最後まで丁寧に作られており、序盤は楽しいけど中盤以降は惰性で遊ぶことがなかったです

トロフィーコンプがやること多くて面倒ですが、攻略情報と合わせれば楽に取れると思います
繰り返し何度もプレイするゲームではありませんが、1度だけのプレイでも十分な満足感を得られる名作だと思います

次回作というのも難しい気もしますが、是非とも続編に期待したいです

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
アルさん  [2020-08-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 5pt 5pt 4pt 2pt 4pt
総合点
83pt

GOOD!

◆万全のキャスティング、ゲームデザイン

主演は元SMAPの木村拓哉。

21世紀の大河ドラマ常連・谷原章介。
無名塾出身の個性派俳優・滝藤賢一。
バラエティから映画までこなす熟練俳優・中尾彬。
幅広いファン層を持つ電気グルーヴボーカル・ピエール瀧(ただし新装版には未出演)

龍が如くシリーズおなじみの東京神室町を舞台にしつつも、これまでのやくざ社会とは一線を画す
探偵と法曹の世界観を描いたリーガルサスペンスアクションというジャンルの開拓とキャスティングの
力の入れようには頭が下がる。主題歌を歌う[ALEXANDROS]のアルペジオもまた
従来の龍が如くのイメージから一新させることにも一役買っているだろう。

◆全く新しいゲームデザイン

先述したように本作はリーガルサスペンスアクションである。
探偵・弁護士の二足の草鞋を履く主人公の仕事は、猫の捜索や浮気調査、殺人事件の弁護まで幅広い。
ゲーム界隈でのマンネリ化が叫ばれるいわゆる「おつかいクエスト」をそれらにあたっての
必要な証拠・証言・証人集めとして見事に転嫁させているジャンルであると評価する。

◆ドラゴンエンジンを利用して「あの木村拓哉」を操作できる。

バトル・ゲームデザインはおおむねこれまでの龍が如くシリーズのそれと変わっていない。
しかしプレイヤーはあの木村拓哉演じる「八神隆之」となって龍が如く特有の豪快で大味なバトルに、
バカバカしくも面白おかしいサブストーリーに、プレイスポットに興じることが出来るのだから、
90年代から彼を知る年代のファン層としては彼になりきったような感情移入ができるだろう。

◆新作でも光る作曲陣の仕事
BGMの担当は龍が如くシリーズに引き続いて庄司英徳氏。
これまでの極道たちの命のやり取りを表現した切迫感ある曲と違い、
大都市を駆け巡る一人の探偵による街のケンカや黒幕たちとの対決を表現した垢ぬけた作曲は一言でかっこいい。

BAD/REQUEST

◆ストーリーの詰めが甘かったように感じる。
リーガルサスペンスアクションというだけあってストーリー内では証言集めや法廷でのやりとりの場面が
多く見られる。犯罪の証拠を集めて法廷で立証するというプロセスは素人なのでよく分からないが
終わってみればストーリーの大半はラストに対峙するラスボスの正体を掴み、阻止することに
重きが置かれているようであった。そのためストーリーの発端と中盤に発生する、とある事件の
冤罪を証明する法廷での場面においてはその掘り下げが弱かったように思える。

◆いまいち盛り上がらないクライマックス
この開発陣のこだわり?としてラストは夜の高層ビルの屋上、ないしはそれっぽい場所でのバトルというのが
定番のプロットなのだが今作はそうではなかった。歴代作品のプレイヤーとしてはちょっと物足りなかった。

◆難易度が高い
当方ハードモードでのクリアにあたり、気になった点がバトルシーンでの難易度の高さである。
ハードなのだから難しくて当然なのかもしれないが、龍が如くシリーズの問題点として
多数の敵と遭遇すると否応なしにタコ殴りに遭う点が挙げられる。

今作は一度の通常戦闘に3~6人程度(もっといるかな?)の敵と遭遇するが、敵の攻撃が激しいと
対面している敵の対応をする間もなく背後からでもお構いなしに攻撃を加えてくる。
その結果、開始時体力バーが満タンでも戦闘が終わるころには半分ないしは瀕死、回復アイテムをガバガバ使って
ようやく切り抜けられた、という人も多いのではなかろうか。

◆今作一番の困ったちゃん「致命傷」システム
「致命傷」は敵の銃撃や特殊な攻撃方法を持つボスキャラの攻撃を受けると発生し、体力バーが減少する。
減少した部分の体力は回復アイテムや食事では回復せず、神室町の端っこにある闇医者の治療を受けるか、
彼が販売するアイテムを使用しないと治癒できない。このときの料金が2~12万円とやや高額であるため、
歯ごたえのある戦闘が味わいたいと思っても、致命傷のせいで思い切った戦闘が楽しめなかった。

◆プレイスポットをサブストーリーに組み込むのはやめてほしい
とあるサブストーリーには一部マージャンやポーカーなどのプレイスポットを行うものが存在する。
テーブルゲームが苦手な自分にとってルールの知らないこれらのギャンブルは大きな障害であった。

COMMENT

難易度:ハードモード
サブストーリー:すべてクリア済み
クリア時間:50時間程度

総評としてはリーガル要素薄めの「サスペンスアクション」であった。
長年とりあえず殴って進展、解決というキャラを描いてきたのでその辺を突き詰めることが難しかったであろうことは
作中の八神隆之の無茶な調査手法の端々にも現れていた。だがそんな一見、荒唐無稽でむさいところも
龍が如くスタジオの魅力であり、男が真似したくなる男、木村拓哉だからこそいい感じにさっぱりと見せてくれた印象がある。

ゲームとしての難易度は総じて高いものの、それもこれも主人公が探偵事務所という一個人事業主であることを勘案すれば
銃撃されてもピンピンしている極道の元組長の人外っぷりに慣れさせられていたことを実感するゲームとなった。

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(未クリア)
通りすがりの松金組組員さん  [2020-06-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt
総合点
80pt

GOOD!

脚本が龍が如く0を担当した方ということもあり、ストーリーはとても素晴らしいかったです。すっかり引き込まれてしまいました。
中盤くらいまではメインストーリーとサイドケースをバランんすよくやりましたが、後半はメインが気になりクリアしてしまいましたが、
クリア後にはシリーズお馴染みの「プレミアムアドベンチャー」でコンプリートできます。
サブストーリーはどれも楽しく飽きることなくできました。
後、探偵アクション(尾行、聞き込み、鍵開け、変装)とても楽しめました。
ミニゲームもどれも楽しめましたが、特に、VRスゴロクは面白かったです。

是非、続編期待しています。

BAD/REQUEST

特にないですが、カラオケが出来なかったのが残念ですね。
後、舞台が神室町じゃなくても他の場所でもよかったかなと思いました。
龍が如くシリーズで神室町を歩くと変化があって面白いんですが、ジャッジアイズは別の場所を続編では期待したいです。

COMMENT

PS4pro
動機、龍が如くシリーズが大好きなので購入しました。

キムタクというキャラが良かったです。
テレビでみてるかっこいいキムタク、テレビではみれない笑えるキムタク、
両方みれてよかったです。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
yakiniQさん  [2020-06-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

龍が如くとはシステムは割と継承されているが、方向性を変えた物語とかにすごいハマりました。
特筆すべきはストーリーで、クリアするまで飽きのこない濃い内容にすごく続きが気になりました。
グラフィックもすごい綺麗。

BAD/REQUEST

○装備がなくなった。
龍が如くシリーズであった武器、防具などの装備が出来なくなったので、ストーリーが進むにつれ強くなっていく敵との戦闘でかなり苦戦を強いられた感がありました。
その部分は難易度変更とかスキルでカバーするしかなくなった。

○サイドストーリーとかが薄い
どうしても龍が如くと比べてしまうが、サイドストーリーが少ない、キャバクラがない、など横道にそれる要素が減った印象。

COMMENT

弁護士、探偵と今までの龍が如くシリーズでは接点がなかった設定に、新鮮さがあり最後まで飽きることなく遊べました。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
螺旋さん  [2020-06-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】JUDGE EYES:死神の遺言
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿は

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「JUDGE EYES:死神の遺言」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。